聖(さとし)の青春(映画)のレビュー・評価・感想ならクチコ

映像

MOVIE

映像

聖(さとし)の青春

映画 2016/11/19・日本 124分

難病と闘いながら将棋に情熱を注ぎ、1998年に29歳で早世した棋士・村山聖の生涯を追った人間ドラマ。幼少の頃からネフローゼという腎臓の病を抱える聖は、将棋に没頭。最高峰の名人位を目指し、周囲に支えられながら、命を削るように将棋を指し続ける。第13回新潮学芸賞、将棋ペンクラブ大賞を受賞した同名ノンフィクションをベースにしている。監督は「宇宙兄弟」の森義隆。主演の松山ケンイチは、役作りのために体重を大幅に増量。また、同世代のライバル・羽生善治に「GONINサーガ」の東出昌大が扮し、七冠独占達成時に羽生が使用していた眼鏡をかけ撮影に臨んだ。劇場公開に先駆け、第29回東京国際映画祭にてクロージング作品として上映。

詳しい作品情報を見る ▼
キャスト・スタッフ
監督
森義隆
脚本
向井康介
原作
大崎善生
出演
松山ケンイチ(村山聖)、東出昌大(羽生善治)、染谷将太(江川貢)、安田顕(橘正一郎)、柄本時生(荒崎学)、北見敏之(村山伸一)、筒井道隆(橋口陽二)、竹下景子(村山トミ子)、リリー・フランキー(森信雄)
プロデューサー
滝田和人
エグゼクティブプロデューサー
井上伸一郎
企画
菊池剛滝田和人
撮影
柳島克己
美術
安宅紀史
編集
佐藤崇
音楽
半野喜弘
主題歌
秦基博
REVIEW

最新レビュー

(本文の記述があるレビューのみ表示しています)
おだいかん

おだいかん

まさに、村山聖の青春がそこにありました。将棋を知らない方は、将棋の対局の熱さ、せめぎ合い、ぎりっぎりの所で闘い合う、想像もしなかっただろう、将棋の激しく厳しい世界をみることでしょう。松山ケンイチ、東出昌大、なかなかのものを見せていただきました。対局中はまさに、両先生でした。
ぽろぽろって涙が頬をつたいました。映画が終わると、即、本屋で原作を購入しましたよ。これには、もう号泣してしまいました。
…[続きを読む]

???

???

全体的に予告で見た通り。

もっと、他の展開や泣かせる場面があるのかと期待していた分、少し残念でした。


ただ、松ケン、東出さんのイメージはバッチリ!
村山さん、羽生さんはこんな感じだろうなというのがヒシヒシと伝わってきました。

またリリーさんもかなりいい味出してて村山さんのキャラを引き立たしています。

リリーフランキーさんは作家なのにどんな役でもできちゃうので、もう神様のレベルです。


…[続きを読む]

オススメの作品

  • 相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

    相棒 劇場版IV 首都クライシス 人質は50万人!特命係 最後の決断

    4
  • ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

    ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち

    4.1
  • キセキ あの日のソビト

    キセキ あの日のソビト

    4.2
  • ドクター・ストレンジ

    ドクター・ストレンジ

    4
  • 君の名は。

    君の名は。

    4.4
  • この世界の片隅に

    この世界の片隅に

    4.2
  • マリアンヌ

    マリアンヌ

    3.8
  • 恋妻家宮本 KOISAIKA MIYAMOTO

    恋妻家宮本 KOISAIKA MIYAMOTO

    3.8
  • 王様のためのホログラム

    王様のためのホログラム

    3.6
  • 虐殺器官

    虐殺器官

    3.9
  • 君と100回目の恋

    君と100回目の恋

    4
  • 新宿スワンII

    新宿スワンII

    3.9
ページ
トップ
▲ ページトップへ戻る