オリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

オリエント急行殺人事件(2017)

オリエント急行殺人事件(2017)

オリエント急行殺人事件(2017)

3.8

406件のレビュー

406件のレビュー

  • 映画
  • DVD
  • Blu-ray

公開日:2017/12/08

上映時間:114分

ジャンル:洋画サスペンス

最新のレビュー追加日:2018/01/12

解説

アガサ・クリスティーの傑作ミステリーを、ケネス・ブラナーがメガホンを取り、豪華キャスト共演で再映画化。ヨーロッパ各地を結ぶ豪華列車オリエント急行の走行中に殺人事件が発生。犯人は誰なのか? 名探偵エルキュール・ポアロが、事件の真相に挑む。ポアロをケネス・ブラナー自身が演じるほか、「それでも恋するバルセロナ」のペネロペ・クルス、「007 スカイフォール」のジュディ・デンチ、「パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊」のジョニー・デップ、「スター・ウォーズ フォースの覚醒」のデイジー・リドリーらが共演。

さらに詳しく

(ネタバレを含む場合があります)

ヨーロッパ各地を結ぶ豪華列車オリエント急行。この列車がトルコを発ってフランスへ向かった直後、客室で男が刺殺される事件が発生する。偶然、この列車に乗り合わせていた世界的名探偵エルキュール・ポアロ(ケネス・ブラナー)は、事件の真相に挑むことになるが……。

概要

制作年

2017年

制作国

アメリカ

  • 総合評価
  • 3.8
  •  参考になったレビュー

    何と言っても映像の美しさ…

    mamaのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    mamaの感想・ネタバレ

    2017年12月13日

    • 評価:
    • 4
    • | 2017年12月13日

    以下、感想・ネタバレ本文

    何と言っても映像の美しさ。
    オリエント急行が走るシーン、遭難するシーンは、美しいだけでなく迫力もあり素晴らしいです。
    そしてこのポアロはかなり斬新です。いままでのポアロのイメージを覆すほどなのですが、だからといって受け入れがたいわけではなく、これもありだなと思わせるところがさすがです。

    あまりに有名な作品ですが、当然まったく知らずに鑑賞する方もいるでしょう、そのような方々にとってはちょっと説明不足かな?という思いもありました。
    もともと多くの重要人物が登場する作品、もう少し一人ひとりの人間そのものに突っ込んでも良かったかなと思います。

    参考になった コメントする

  •  参考になったレビュー

    イスタンブール発の豪華列車…

    ゆっけファイヤーのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ゆっけファイヤーの感想・ネタバレ

    2017年12月12日

    • 評価:
    • 5
    • | 2017年12月12日

    以下、感想・ネタバレ本文

    イスタンブール発の豪華列車。
    雪山を走り抜けるその列車の名は、
    「オリエント急行」。

    ミステリーの女王と呼ばれ、ギネスブックでは「世界で最も稼いだ作家」に認定されたアガサ・クリスティーの1934年代表傑作「オリエント急行の殺人」を監督兼俳優であるケネス・ブラナーが映画化!
    89年に数々の賞を獲得した「ヘンリー5世」でも監督+主演として充分なまでの実力を世に見せつけ、それ以外にも「ハムレット」や「から騒ぎ」、「ハリーポッター」「ダンケルク」などで見せた彼の演技は超一流である事は言うまでもないだろう。
    そんなブラナーが指揮を取ったこの作品は魅力満載の仕上がり。まず映像がとにかく美しい。物語はただ走る列車の中の殺人事件ではなく、風景はもちろんの事、キャストの衣装、駅、列車の中など何もかもが美しいからとにかく見入ってしまう。
    肝心なストーリーだが、所々に少しダラケる(別にこのシーンは省いても良かったのでは?という)ような場面もあるのだけれど、話が進むに連れて、結末への期待と楽しさが風船のように膨らんで、最後はダラケた事すらすっかり忘れてしまうくらい良いエンディングを迎える。
    もともとこの話を知っている方はもちろん、知らなかった人でも中盤辺りから、犯人が誰かがおおよそ分かってしまう単純さはあるものの、それでもこのエンディングを観てしまえば文句は誰も言わないだろう。ケネス・ブラナーを筆頭に超一流クラスの俳優らが一斉に揃ったエンディング。これはまるで和食、中華、イタリアンなどのメインディッシュがすべて揃ったかのような贅沢なテーブルだ!
    また、事件完結からのエンドクレジットがあまりにも自然に流れてゆき、美声の持ち主パトリック・ドイルの「Never Forget」の歌がストーリーにハマり過ぎであるがゆえに、観客はしばらく「アガサ・ワールド」の余韻に浸る事が出来るだろう。

    アガサ・クリスティーのミステリーはとにかく謎解きよりも、巧妙な手口による事件が本当に魅力的で時代世代問わずに人々の心を吸い寄せる作品ばかり。出演したジョニー・デップが作品に是非出たい!、と監督に熱望したのも理解出来る。

    ケネス・ブラナースタイル
    「オリエント急行殺人事件」

    あなたにも是非観てもらいたい作品である。
    すべてが一流だ!

    参考になった コメントする

  • 初見で十二分に楽しめる傑作ミステリー…

    kintaroのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    kintaroの感想・ネタバレ

    2018年1月12日

    • 評価:
    • 5
    • | 2018年1月12日

    以下、感想・ネタバレ本文

    初見で十二分に楽しめる傑作ミステリー。
    推理小説の女王アガサクリスティの代表作と言えば「オリエント殺人事件」「そして誰もいなくなった」などがまず上がるでしょう。

    いつだって原作ファンは映画化に反対し、そのくせ上映したら観に行ってあのシーンが違う、気に入らないと粗探しをしますが、個人的に映画には映画としての良さがありますし本作に至っては映画化して大成功だと思います!

    ネタバレになるので内容には触れませんが、よくある悪い奴を正義のヒーローが倒すお決まりのストーリーに嫌気がさしている人に見て欲しいです!

    私の大好きな映画ガリレオと並ぶ面白さでした。
    続けて74年版も借りてみようと思います。

    参考になった コメントする

  • 作品として良かったものの…

    ノアのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ノアの感想・ネタバレ

    2017年12月29日

    • 評価:
    • 3
    • | 2017年12月29日

    以下、感想・ネタバレ本文

    作品として良かったものの、やはりリメイクという時点でオリジナルを超えないという問題はある。
    しかし、ある意味でマーベルに代表されるCG映画が全盛の時代の中でこのような極上のミステリー作品が作られた意義はあります。
    ただ、今作のような奥深く洗練されたオリジナルのサンペンス・ミステリー映画がこれから作って欲しいと思います。

    参考になった コメントする

  • 原作を知らずに観ましたが…

    kmtrのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    kmtrの感想・ネタバレ

    2017年12月27日

    • 評価:
    • 4
    • | 2017年12月27日

    以下、感想・ネタバレ本文

    原作を知らずに観ましたが、だからこそ変に比較する事なく、純粋にミステリー作品として楽しめた。ホームズもポアロも、天才=クセがすごい、変わり者という描写は鉄板なんですね。超几帳面だったり、頑固だったり、訛りが強かったり…。
    豪華俳優陣が揃ってるけど、時間が限られているので、それぞれの見せ場が少なく、勿体ないというか贅沢な使い方だなぁとある意味感心してしまった。
    ラストは予想してない展開だったので、最後まで中だるみする事なく緊張して楽しめた。
    また最後のクレジットロールではミシェル・ファイファーがしっとりと美声を聴かせてくれるところもお洒落。

    参考になった コメントする

  • ポワロ…

    くーのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    くーの感想・ネタバレ

    2017年12月26日

    • 評価:
    • 5
    • | 2017年12月26日

    以下、感想・ネタバレ本文

    ポワロ、テレビ版でも強烈なインパクトあるのに映画ではどんな感じか期待してました映画でのポアロは可愛らしいとゆうよりクールな紳士って感じでしたねテレビも映画の方もとても良かったです

    参考になった コメントする

  • この作品はもちろん比較という方法でしか…

    Genetのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    Genetの感想・ネタバレ

    2017年12月24日

    • 評価:
    • 4
    • | 2017年12月24日

    以下、感想・ネタバレ本文

    この作品はもちろん比較という方法でしか語ることができない。
    しかしそれはアルバート・フィニーがポワロを演じたとき、アガサ・クリスティの原作と並べて論じられた状況とはすこし異なる。

    シドニー・ルメット版の場合、文字の連なりを映像としてあらわしたときに、どれだけ大衆の想像力と拮抗し得るかということが焦点であった。
    しかしケネス・ブラナー版(つまり本作)は、先立つルメット版との比較、つまり映像としてどちらが優れているかが問題となる。

    そして結論からいえば、本作に軍配があがる。
    なぜか。
    それは単に四十数年を経て映像技術・編集技術が進歩したからに他ならない。
    この事実は、たとえばフィニーとブラナーの演技力なる、非常に曖昧な概念を持ち出したところで変わるものではない。

    では、ブラナー版はルメット版を越えたか?
    答えは否である。
    一見矛盾にもとれるこの言説は、しかし思いのほか単純な論理に基づく。

    つまり、両者ともその作品が依拠したクリスティの原作に照らし合わせれば、どこで意匠を凝らしたかの違いしかないのであり、ルメット版がポワロのキャラクターを全面に打ち出したのに対し、本作は容疑者たちの性格をより強調した、という差異があるだけなのである。

    端的にいってしまえば、映像としては本作は前作を越えたが、脚色はどちらも同じ水準であり、観る側、すなわちわたしたちがポワロに感情移入するか、容疑者たちにそうするかによって、作品全体としての優劣は異なるのである。

    そういう意味でも、映画としての『オリエント急行殺人事件』を語るに、本作を観ることは必須なのだ。

    そして、傑作とされる前作(ルメット版)や、原作(クリスティ版)と比肩し、論じられ得るだけのクオリティは保っているのが、本作、すなわちケネス・ブラナー監督・主演版の『オリエント急行殺人事件』なのである。

    参考になった コメントする

  • やはり本が素晴らしい上に…

    ゆーちゃぽんのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ゆーちゃぽんの感想・ネタバレ

    2017年12月21日

    • 評価:
    • 5
    • | 2017年12月21日

    以下、感想・ネタバレ本文

    やはり本が素晴らしい上に、あの豪華キャストでは面白くない訳がない。観て正解でした。絵も綺麗だが、列車の遠景などがCGっぽいのが残念。
    大昔に読んだ推理小説だが、内容は覚えてないままストーリーが進んで行き、途中から意外な方向に展開する。実際に全米を震撼させたリンドバーグ事件が題材になっていたのだ。やっと思い出した。
    そこで「冬だから列車は空いてますよ」という言葉が思い出された。ガッテン。
    映画化にあたり、様々な工夫があり楽しい。頭上からのカメラも寝台列車での事件発生の状況をうまく伝えてくれる。ポアロのアクションはあり得ないですが、まあいいでしょう。私はポアロはコロンボ似と思っていたので、ブラナーは格好良すぎて雰囲気がちょっと違います。灰色の脳細胞プラス、スーツに隠されたマッチョだったりして。
    でもトンネル前での謎解きでは、それぞれの人生を想い、ジーンと来てしまいました。ポアロの苦渋の決断は如何に。 良い映画でした。

    参考になった コメントする

  • オリエント急行初めて見たけど…

    くにのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    くにの感想・ネタバレ

    2017年12月20日

    • 評価:
    • 3
    • | 2017年12月20日

    以下、感想・ネタバレ本文

    オリエント急行初めて見たけど、ラストはミステリーにしては斬新だな( ; ゜Д゜)
    ポアロのキャラクターや一人一人を取り調べる際の切り口もユニークで、犯人?と思われる俳優陣何にしても豪華すぎだろ!!
    ただ、ミステリーだから仕方ないのか、坦々と推理が進んでくため、ぼぉーとしちゃうかもしれない(^o^;)笑
    でも、事件とその事件の背景が同時に進み良くまとめられていたのはとても良かった♪

    参考になった コメントする

  • 犯人発表と同時に伏線が一気に回収される…

    gollumのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    gollumの感想・ネタバレ

    2017年12月18日

    • 評価:
    • 3
    • | 2017年12月18日

    以下、感想・ネタバレ本文

    犯人発表と同時に伏線が一気に回収される怒涛のラストで、複雑だがシンプルでもある人間のある種の感情が見事に表現された秀作。豪華俳優陣による演技合戦もさることながら、随所に挿入される「変化」が探偵映画でありがちな会話主体の単調なストーリー展開に緊張感をもたらしていることに加え、列車という限られた空間の中に、それぞれの人物の背景を詰み込むことで時間的な広がりを演出している。
    2時間足らずてサクッとまとめられた本作。短い時間の中に要所を詰め込みつつも、ちゃんと見どころを押さえた良作。

    参考になった コメントする

  • アガサ·クリスティー原作の超有名なミス…

    Kのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    Kの感想・ネタバレ

    2017年12月16日

    • 評価:
    • 4
    • | 2017年12月16日

    以下、感想・ネタバレ本文

    アガサ·クリスティー原作の超有名なミステリー小説のリメイク版。今回は、内容を知った上での鑑賞でしたが、演者が豪華で大変見応えがありました。自分のサスペンス及びミステリー好きに間違いなく影響を与えた作品です。ちなみに、同日にスターウォーズも鑑賞しましたが、デイジー・リドリーの2つの役柄を見て、やはり華のある女優だなと感じました。今後、注目しておきたい女優さんですね。

    参考になった コメントする

  • ギネスにベストセラー作家と認定させたア…

    morioのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    morioの感想・ネタバレ

    2017年12月16日

    • 評価:
    • 5
    • | 2017年12月16日

    以下、感想・ネタバレ本文

    ギネスにベストセラー作家と認定させたアガサ・クリスティーの世界一の名探偵ポアロ作品をリメイクして製作するには、これほどまでの名優たちが集まってくるものだとこの作品の偉大さを感じます。今話題のスター・ウォーズのレイ役のデイジー・リドリーまで出演しているとは、この作品の豪華さを物語っています。

    原作を読んだり、以前の作品を観てから、この映画を観る方が良いのか。いきなり観た方が良いのかは賛否両論ありそうですが、私は事前に情報を知ってから観た方が面白さが倍増すると思います。

    単なる殺人事件の犯人探しだけでなく、偶然乗り合わせた12人の乗客ひとりひとりの秘密や裏の顔、心の葛藤は一度観ただけでは、その人数の多さや複雑な関係を理解するのが難しいからです。

    結果を知った上でも、この作品を観終えたあとポアロの出した結論や最後のシーンで皆に対して語りかけた言葉は、新しい感動があるに違いありません。
    ポアロを自ら演じたブラナー監督はこう言っています。
    「一流のストーリーは何度も伝える価値がある」と。

    この作品では前にはなかったポアロのアクションや最初の方ではクスッと笑える場面もあり新鮮でした。カッコいいポアロ登場です。

    原作を読んだり、旧作品を観て、出てくる人物を書き出して、この素晴らしい作品を味わってみて下さい。

    参考になった コメントする

  • 今度のポアロは177㎝だよ!…

    ゆずみかんのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ゆずみかんの感想・ネタバレ

    2017年12月10日

    • 評価:
    • 4
    • | 2017年12月10日

    以下、感想・ネタバレ本文

    今度のポアロは177㎝だよ!
    原作では160㎝ほどで小柄な設定。
    身長がかわれば、イメージも変わる、雰囲気も変わる…ステッキ&ハットに、ビシッときまったスーツの着こなし感も…
    なんて素敵なの!
    歩き方まで素敵!
    これは本当に新しいポアロ。
    でも不思議と嫌じゃない。
    すんなり受け入れられ、どんどんストーリーに引き込まれちゃう。
    そして舞台となる列車の中のセットも、
    隅々までこだわって製作されているのがバッチリ伝わってきます。
    寝台列車ですから部屋も通路も狭いのですが、その狭さがまたこの殺人事件をリアルにさせるのです。
    カメラワークも相まって自分もこのオリエント急行に乗車してるような感覚になりました。
    雪深くなってくほどに、謎も深くなって行く。
    さぁ、出発進行。

    参考になった コメントする

  • 原作小説…

    トランスマスターのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    トランスマスターの感想・ネタバレ

    2017年12月9日

    • 評価:
    • 3
    • | 2017年12月9日

    以下、感想・ネタバレ本文

    原作小説、オリジナル映画共に未見です。
    イスラエルのエルサレム、トルコのイスタンブールから豪華列車の車中を舞台にした密室殺人ミステリーです。大物女優から旬な女優も含んでの豪華キャストリメイクです。

    ◆良い点/注目ポイント
    ・主人公ポアロの考察力、人物プロファイリングが、『羊たちの沈黙』のレクター博士のようです。
    ・イスタンブールのグランバザールにまだ屋根が付いていません。アヤソフィアのショットが多いのですが、あまりブルーモスクを写していません。現在の政権を支えるロビイストの意思でしょうか。
    ・斬新なカメラワークに見入ってしまいます。

    ◆改善点
    ・もっと一人一人の生い立ちを個々にクローズアップして欲しかった。
    ・睡魔が襲ってくるので事前にエナジードリンクの摂取が必要です。

    ◆総括
    ・主人公の英語の訛りやドイツ語の会話などがあるため字幕での視聴をお勧めします。こういったジャンルの映画は家でDVDでお酒を飲みながら見た方が良いと思います。

    参考になった コメントする

  • A・フィニーのポワロは何度も見た…

    ヨシアキのオリエント急行殺人事件(2017)の評価・レビュー(感想)・ネタバレ

    ヨシアキの感想・ネタバレ

    2017年12月8日

    • 評価:
    • 3
    • | 2017年12月8日

    以下、感想・ネタバレ本文

    A・フィニーのポワロは何度も見た。'15年には三谷幸喜が日本を舞台にドラマ化もした。そして今度の新作である。D・スーシェのドラマ版では美化しすぎた旧作への反省も加味されたが、製作/監督/主演をこなしたK・ブラナー版はルネサンス期の風情を湛えて原点回帰している。

    参考になった コメントする

オリエント急行殺人事件(2017)に関するQ&A

クチコマガジン

【募集終了】『ナチュラルウーマン』一般試写会 ~合計5組10名様をご招待!!~

【監督/脚本】:セバスティアン・レリオ 【キャスト】:ダニエラ・ヴェガ、フランシスコ・レジェス、ルイス・ニェッコ続きを読む

【募集終了】『祈りの幕が下りる時』GEO連合試写会 ~合計75組150名様をご招待!!~

【監督/脚本】:福澤克雄/李正美 【キャスト】:阿部寛、松嶋菜々子 【公開日】:2018年1月27日(土) 続きを読む

もっと見る
クチコマガジン

【募集終了】『ナチュ…

【監督/脚本】:セバスティアン・レリオ 【キャスト】:…

【募集終了】『祈りの…

【監督/脚本】:福澤克雄/李正美 【キャスト】:阿部寛、…

【募集終了】『空海ー…

【監督/脚本】:チェン・カイコー(陳凱歌) 【キャスト…

もっと見る
 クチコなんでもランキング

映画に出てくる色々な『スーツ』、一番欲しいのは…

先日ZOZOTOWNから発表された『ZOZOSUIT』。着用するだけで身体情報を瞬時に把握できるという、近未来を感じさせてくれるスーツでしたね。一方、映画やアニメの中にも近未来を感じさせてくれるスーツって結構目にしませんか?そこで今回は、twitterのユーザ様に「映画・アニメに出てくるスーツの中で一番欲しいのはどれか」投票していただきました!続きを読む

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの…

J・K・ローリングがオリジナルで脚本を書き下ろしていることもありハリポタファンにとっては見逃せない注目の作品『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。タイトルについている「黒い魔法使い」が誰なのか気になったのでtwitterのユーザ様に投票していただきました! 続きを読む

もっと見る
 クチコなんでもランキング

映画に出てくる色々な…

先日ZOZOTOWNから発表された『ZOZOSUIT』。着用するだけで身体情報を瞬時に把握できるという、近未来を感じさせてくれるスーツでしたね。一方、映画やアニメの中にも近未来を感じさせてくれるスーツって結構目にしませんか?そこで今回は、twitterのユーザ様に「映画・アニメに出てくるスーツの中で一番欲しいのはどれか」投票していただきました!…

『ファンタスティック…

J・K・ローリングがオリジナルで脚本を書き下ろしていることもありハリポタファンにとっては見逃せない注目の作品『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。タイトルについている「黒い魔法使い」が誰なのか気になったのでtwitterのユーザ様に投票していただきました! …

DESTINY 鎌倉ものがたりの画像

【2017年12月公開】1…

2017年も残すところあと少し。今年の締めはどの映画で迎えますか?今回も期待度が高いと思われる4作品について『一番観てみたい邦画』についてtwitterで投票いただきました。…

もっと見る

試写会・キャンペーン

最新映画から名作映画までネタバレ・あらすじ情報が手に入る!エンタメ総合情報サイト「クチコマガジン」
  • ゲオ公式アプリを今すぐインストール!
  • ゲオ宅配レンタル

ページトップ